電気通信研究所 深見研究室


研究室/研究に関する自作Youtube動画
研究室紹介ビデオ(主に学部3年生、編入学を考えている方対象)2020/9/14公開
模擬授業「スピントロニクス研究の基礎と最前線~右ネジの法則からエコで賢いコンピュータへ~」(主に高校生対象)
2020/9/17 オープンキャンパスにて公開
公開実験「電気で操るナノの世界のマグネット」(主に一般の方が対象)2021/10/9 通研公開にて公開

●深見研究室は池田研究室と合同で活動しており、また教育活動の一部は大塚研究室と連携して行っています。

深見研究室では博士研究員を募集しています。
 特にスピントロニクス素子を使った新たな情報処理に関する研究に興味のある方を歓迎します。
 興味のある方は深見(s-fukami_at_riec.tohoku.ac.jp)までご連絡ください。


博士前期・後期課程への編入学を考えている方の見学を随時受け付けております。

●大野・深見研究室(~2018/3)のHPはこちら。 

トピックス一覧を見る

2021年11月29日

ヨーテボリ大学(スウェーデン)との共著論文 "Memristive control of mutual spin Hall nano-oscillator synchronization for neuromorphic computing" がNature Materials誌に掲載されました。

プレスリリースはこちら

2021年11月18日
1st Online RIEC International Workshop on Spintronicsのライブセッションを開催しました。30以上の国と地域から計400名以上の方にご参加いただきました。パネリスト、招待講演者の皆様、活発な議論に加わってくださった皆様に深く感謝申し上げます。
オンデマンドサイトではライブセッションの録画ビデオと招待講演ビデオを少なくとも2022年3月までは公開しています。無料で参加登録することでどなたでもご覧になれます。
2021年11月05日
1st Online RIEC International Workshop on Spintronicsを開催します。11月18日に開催されるライブセッションと合計12件のオンデマンド招待講演から構成されます。ウェブサイトから参加登録することで、オンデマンド招待講演とライブセッションへのアクセス情報がメールで通知されます。参加登録は無料です。
ライブセッションでは以下の方々が登壇します。
   Pietro Gambardella (ETH Zürich)
   Tomáš Jungwirth (Czech Academy of Sciences)
   Mathias Kläui (Johannes Gutenberg-Universität Mainz)
   Kyung-Jin Lee (KAIST)
   Chi-Feng Pai (National Taiwan University)
   Shunsuke Fukami (Tohoku University)
詳細はホームページをご覧ください。
皆様のご参加をお待ちしています。
2021年11月04日

小林君(M1)がThe 5th Symposium for The Core Research Clusters for Materials Science and SpintronicsにてBest Poster Awardを受賞しました。受賞対象となった発表の題目は「Physical mechanism governing sigmoid curves of superparamagnetic tunnel junctions」です。
また、岸君(M1)がPoster Awardを受賞しました。受賞対象となった発表の題目は「Effect of spin-orbit torque on non-collinear antiferromagnet Mn3Sn」です。
おめでとうございます!

2021年10月19日

山根助教(学際科学フロンティア研究所)が日本物理学会若手奨励賞を受賞しました。受賞の対象となった研究の題目は「ノンコリニア反強磁性体の電流応答に対する理論研究とその実証」です。おめでとうございます!