電気通信研究所 深見研究室


研究室/研究に関する自作Youtube動画
研究室紹介ビデオ(主に学部3年生、編入学を考えている方対象)2020/9/14公開
模擬授業「スピントロニクス研究の基礎と最前線~右ネジの法則からエコで賢いコンピュータへ~」(主に高校生対象)
2020/9/17 オープンキャンパスにて公開
公開実験「電気で操るナノの世界のマグネット」(主に一般の方が対象)2021/10/9 通研公開にて公開

●深見研究室は池田研究室と合同で活動しており、また教育活動の一部は大塚研究室と連携して行っています。

深見研究室では博士研究員を募集しています。
 特にスピントロニクス素子を使った新たな情報処理に関する研究に興味のある方を歓迎します。
 興味のある方は深見(s-fukami_at_riec.tohoku.ac.jp)までご連絡ください。


博士前期・後期課程への編入学を考えている方の見学を随時受け付けております。

●大野・深見研究室(~2018/3)のHPはこちら。 

トピックス一覧を見る

2022年01月13日
パデュー大学(米国)との共著論文 "Hardware-Aware In Situ Learning Based on Stochastic Magnetic Tunnel Junctions" がPhysical Review Applied誌に掲載されました。
またこの論文はEditors' Suggestionに選定されました。
2022年01月07日

Samik DuttaGupta助教、深見教授とインド科学教育研究研究所・ボパールとの共著論文 "Modification of unconventional Hall effect with doping at the nonmagnetic site in a two-dimensional van der Waals ferromagnet" がPhysical Review Materials誌に掲載されました。

2021年12月21日

アドバイザーの大野先生(総長)がスウェーデン王立工学アカデミーInternational Fellowに選ばれました。

2021年12月14日
陣内助教、五十嵐君(2021年3月博士学位取得)らが2021/12/11-15にサンフランシスコで開催される67th Annual IEEE International Electron Devices Meeting(IEDM2021)にて "Fast Switching Down to 3.5 ns in Sub-5-nm Magnetic Tunnel Junctions Achieved by Engineering Relaxation Time" と題した発表を行います。
2021年12月13日
2019年3月に博士の学位を取得した渡部杏太さん(現、宇宙航空研究開発機構)が第38回(2021年度)井上研究奨励賞を受賞しました。受賞対象となった業績(博士論文題目)は「垂直磁化容易軸を有する1X/X nm極微細磁気トンネル接合の材料・素子技術に関する研究」です。
おめでとうございます!